ブログ

防災。
2018年11月23日

今年は至る所で災害がありました。

 

被害にあった方もいらっしゃったり、身内や大切な人が被害に巻き込まれたという方もいらっしゃったと思います。

 

 

被災したママ達が地震が地震が起こった時、避難してからの様子などを

まとめてある冊子を頂いたので読んでみました。

 

 

東日本大震災、熊本地震の時に被災したママ達の体験や、

地震が起こった時ママがする事、翌日からする事、

避難所や自宅での生活でする事、地震が来る前にしておく事、

ママがしておく5つの行動

 

が書いてありました。

 

 

トイレ、オムツ、女性用品など、あるものでの代用するやり方や、

 

子供は避難所で我慢する生活が理解できない時に、限られた食べ物しかない時に食べてくれない

 

 

など、他にも書いてありますが、代用するにも物がなければ代用できないとなると、

やはり準備は必要だと思いました。

 

 

 

 

 

私が記憶にある大きな地震を体験したのは2011年の東日本大震災ですが、その時で野田近辺は震度5。

今までにない揺れでどうしたら良いかわからない状態でしたが、

東北での映像を見た時は「こんなことになってるの!?」と信じられない光景でした。

 

 

それを機に防災の話はいろんなところで耳にしますが、気にはしてても防災グッズや室内の家具の事、

お互いの連絡の取り方などを家族で共有はちゃんとできてないなぁと😅

 

 

当店は美容室なので、地震が起こった際に薬剤の作用を止めるのに必要なものや水やお湯の準備、

電気が通らなくなった時はどうするか、

お客様を早くお帰りいただける様にするための最低限やることは頭の中でイメージしています。

 

生活を数日するための準備となると後回しにしていたなと改めて思いました。

 

 

 

このお話を教えてくださった方とも、みんな「どうにかなるでしょ」という考えがあって、

その時の天候や子供を連れての行動、店があっても購入できない可能性だってある事は考えてないと

言っていました。

 

 

日本は地震が多い国。

地震がいつあってもおかしくない状況なのに、「地震の話をしたら子供が怖がる」と言って

防災の話をしないようにしてる傾向があると聴きました。

 

でも、学校で9/1の始業式には避難訓練をもれなくやっていましたが、

今はないのかしら??

 

 

 

 

親は家族を守るのに必死になると思います。

 

体験してる人から学べる機会があるのは有難い事だなぁと思います。

冊子も見せてもらえて有難い機会をもらいました。

 

img_0374

千葉県野田市中根246-2
tel 04-7126-0038【予約優先制】
OPEN 9:00~18:00《不定休》

多目的トイレ完備です

♪-訪問いたします-♪
ご自宅や施設、病院への訪問カットも行っております。
お気軽にご連絡ください。
ぜひ、美容室を身近なものにしてください♪

© hair salon kiki reserved.